薬剤師には様々な選択肢がある

薬剤師として働いている私の友人がいます。
もう10年以上薬剤師として働いているのですが、今まで一度も仕事に対して不満や愚痴を聞いた事がありません。
友人に薬剤師の仕事の事を聞くと、まず薬剤師は女性がたくさん働いている業界で、男性との仕事内容、給料の面で差がない事を教えてくれました。
薬剤師に女性が多い利用として専門性の高い職業である為、国家試験に合格さえすれば、男女関係なく同じ労働条件で働く事が出来るからです。
薬剤師の仕事は、力仕事や営業で相手先を接待する訳でもなく、深夜残業や出張がある訳でもありません。
体力のない女性でもハンディを背負いにくい仕事でもあるからです。
次に教えてくれたのが上記でも言いましたが待遇の面です。
薬剤師の給料は一般企業のOLに比べて高く安定した生活を送る事が出来ます。
また資格を持っている職業は専門性が高いので、結婚や出産で退職をしても比較的職場復帰もし易い環境も魅力だと教えてくれました。
最後に友人は自分は真剣には考えていないと言っていましたが、薬剤師は資格を持っていれば、独立開業して自分の調剤薬局を構える事が可能です。
病院は全国各地に無数にあります。
薬局は必ず病院の側に並列して存在しています。
仕事に困る事もそうそうありませんし、独立する事は自分が社長な訳なので店舗の開業時間や休日のスケジュールを自分で組む事が出来ます。
さらに自分の頑張り次第では収入も伸ばす事が出来ます。
このように薬剤師には現在、将来と様々な選択肢がある事がやりがいになり、不満などはほとんど感じないと言っていました。